ブログ

ブログ詳細

昔のお話ーその3


「なこうどSATO」は34年前、アリゾナの大学院に留学していましたが、

その学校では、英語以外の外国語習得の義務もありました。

 

「なこうどSATO」が迷わず選んだのがスペイン語。

 

実は、以前フロリダの英語学校で、1ヶ月寝食を共にしたのが

ベネズエラ人のホセだったからです。

 

スペイン語を話すヤツってなんて面白いんだろう!

こういう人たちとスペイン語で話をしたいなあと思ったからです。

 

お気楽な「なこうどSATO」・・・・・・・

 

何も考えずに選んだスペイン語クラスを担当した先生が、

なんと悪名高い「一番厳しい先生」・・・セニョーラ・ボラー!!

 

でも、それこそ「後の祭り」・・・・・

 

毎日会話のテストがあるのですよ、そのクラス!

スペイン語ゼロの状態で入った「なこうどSATO」は、

当然最劣等生。トホホ・・・

他の5人のアメリカ人学生は、結構スペイン語うまいんですよね。

 

そして、セニョーラ・ボラーは笑顔がゼロのスパルタ教育!

あー怖かったなあ・・・・。

 

ある日、ボラー先生が「なこうどSATO」にスペイン語で質問。

 

「セニョール・サトウ、コスタリカの首都はどこかわかる?」

(ボラー先生は、コスタリカ人なのだ・・・)

 

「ノ・セ、セニョーラ・ボラー」(知りません、ボラー先生。)

 

「私は日本の首都は東京だって知ってるのにね、まったく!

サンホセよ、サンホセ!」

 

・・・・・・毎日の「恐怖授業」は3ヶ月続き、

それが終わって、後の3ヶ月はメキシコの高原都市

グアダラハラの大学に交換留学。

 

無事留学も終わり、アリゾナに戻って来て

待っていたのが、

 

セニョーラ・ボラーの満面の笑顔でした!

 

そうなんです。

ボラー先生は本当は陽気で楽しくて優しかった!

 

今もしボラー先生に会ったら、

「なこうどSATO」はこう言います。

 

“Te quiero tanto, Senora Boller!”(テ・キエロ・タント、セニョーラ・ボラー!)

(ボラー先生、大好き!!)

 

そしてボラー先生はギャハッハッ!と笑った後に

こう答えるでしょう。

 

“Yo, tambien, Senor Sato!”(ヨ・タンビエン、セニョール・サトウ!)

(私も大好きよ、サトウさん!)

img014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なこうどSATO

住所 〒248-0012 鎌倉市御成町11-5 アルス鎌倉御成町307
アクセス 鎌倉駅西口を出て目の前ファミリーマートの左隣がマンション入り口
TEL 080-2390-3998
MAIL nikki0358@yahoo.co.jp
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1FhUbpl
  • facebook
  • twitter
  • mixi